【Ruminantレビュー】Back Paix並に便利!エレコムのPCリュック!

ガジェット

最近はリュックの市民権がかなり得られてきて、おしゃれなリュックから実用性に振り切ったリュックまで色々なリュックが登場していますよね?

特に人気なリュックだと、「BackPaix」や「Peak Design」等Youtuberが紹介しているリュックがたくさんあります。

ゆりはま
ゆりはま

これらのリュックはめちゃくちゃかっこいい!


ですが、ちょっと高いんですよね?

そんな折、機能性とある程度のかっこよさを両立したリュックを探していたのですが…

ちょうどいいリュックが見つかったので今日はそのリュックをみなさんに紹介していきます。

今回紹介するリュックは、ガジェット好きな皆さんにオススメのカバンです!

快適に電子機器を持ち歩きたいという人はぜひ見てみてください!

スポンサーリンク

その名はRuminant!

 

このリュックが僕が今回購入したリュック「Ruminant」です。

ブランドはエレコムなので、ブランドというよりはメーカーっていった方が適切ですかね?

ちなみにエレコムは電子機器メーカーで有名な商品だとマウスやイヤホンなどです。

安価かつ高品質なので他の電子機器もとてもおすすめです!

それはさておき、さっそくRuminantの魅力に迫っていきましょう!

Ruminantってどんなリュック?

それでは早速、僕がこのRuminantをおすすめする理由を3つほど紹介していきたいと思います。

まずは基礎情報から

まず紹介していくのは、Ruminantの大きさお値段です。

寸法

リュックの大きさは、幅30cm、高さ38cm、奥行き16cmです。

容量でいうとだいたい15リットルです。

旅行で例えると1泊2日がギリギリ出来るくらいの大きさです。

ゆりはま
ゆりはま

毎日持ち歩く荷物が多い人は、家電量販店で容量をチェックするのがオススメです!

気になるお値段は?

気になるお値段は…

公式価格だと1万7千円です。

しかし実際はもっと安く、ビックカメラや楽天市場では8千円前後で販売されています。

ビレッジバンガードのリュックと比べてもほぼ同じ金額です。

この値段では充分すぎるほどの機能性を持っているので、是非お試しあれ〜!

8つのポケット!

Ruminantにはポケットが8つもあります!全部のポケットを細かく見ていきましょう!

サイドポケット

まず両サイドにあるのが折り畳み傘や水筒を入れるための縦に細長いポケットです

僕はこんなふうに実際に折りたたみ傘とペットボトルを入れて持ち歩いています。

背中の収納

次のポケットは背中部分に当たるポケットですね。

ここは通常、日用品等のさっと取り出したいものを入れておくポケットにです!

またあとで詳しく書きますがモバイルバッテリーなど小さめな電子機器をしまっておけます。

僕はここにはモバイルバッテリーと日によってはiPadを入れてます!

アナログ用ポケット

そして次に一番背中から遠い部分もガバっと開ける事ができます。

このポケットはかなり薄いので文庫や新書など薄めの本や、手帳やファイルなどの紙媒体のものを入れるのに便利なポケットです。

またペンホルダーなどもあるので、このポケットはあえて言うなら

オフライン用といった感じでしょうか?

ちなみに僕はここには緊急用のペンと、Kindle paperwhiteを入れています。

ゆりはま
ゆりはま

ですが僕の場合デジタル化を勧めすぎてしまっているため、あんまりこのポケットは使いこなせてません笑

メインポケット

そしてお次は2つのポケットの真ん中に位置するメイン収納です。

ここはPC収納と一泊分くらいの衣服が入りそうな分厚い収納部分の二層構造になっています。

僕の場合はここにはMacbookかPCを持ち歩かない日はiPadを入れるようにしてます!

隠しポケット?

またRuminantのサイドの下部にはちょっとしたポケットが2つあります。

隠しポケットとは書きましたが、大事な財布などを入れるにはちょっと物足りないかなっていう感じはあります。

僕の場合はBlue ToothイヤホンとOsmo Pocketを別々のポケットに入れて持ち歩いています。

肩紐のポケット

最後は肩紐部分のポケットになります。

ここはほんとにちっちゃすぎて何を入れたらいいかわかりません。

ぼくは、映画館のチケットなどのチケット類をいれたりしていますが、それ以外には使ったことはありません。

ゆりはま
ゆりはま

(まあいらないっちゃいらないけどあったら便利!)

バッテリーケーブル内蔵!

次に紹介するのはこのリュックの最大の特徴、「バッテリーケーブル内蔵」です!

ケーブル内蔵機能は文字通りリュックの中にバッテリーケーブルが通っていることです。

この機能により、モバイルバッテリーを取り出さずに背負ったままスマホを充電できます。

でもそれだけの機能なら他のリュックにもよくありますよね?

でもRuminantはそれだけではありません。

充電用のケーブルをしまうポケットがついています。

実は他のバッテリーケーブル内蔵リュックはただ外側にUSB端子がむき出しになっているんですよね。

このようなリュックだとわざわざライトニングケーブルを取り出してつけなくてはいけません。

しかしこのRuminantはUSB端子が小さなポケットの中に入っているので、ケーブルをつけっぱなしで持ち運ぶことができます。

この点で本当に背負ったままスマホを充電出来るリュックは本当に貴重な存在なんですよね!

Ruminantのメリット・デメリット

それでは次にこのリュックの良い点悪い点を紹介していきたいと思います。

メリット・良い点4選

まずはRuminantのメリットから発表していきます。

①ポケットの豊富さ

まずは僕がリュック選びで最もこだわるポイントである「ポケット数の多さ」が魅力の一つです!

ポケット数は実用性に最も直結する項目数です。

 

ゆりはま
ゆりはま

多すぎてもだめ、少なすぎてもだめ!
自分の要望にあったリュックってなかなかないですよね?

そんな中このリュックは全部で8ポケットとガジェッターにはめちゃくちゃクリティカルに刺さるポケット数のリュックだと思います!

②スマホ充電の簡便さ

次はやはりこのリュック最大の特徴といってもいいスマホ充電までのアクセススピードです。

従来のカバンのようにリュックの中に手を突っ込んで、充電器本体を探して、コードをつなげて、充電器本体をどこにしまうか困るという三重苦から簡単に逃れることができます。

一見地味に見えるこの機能ですが、実際に使ってみると外出時のスマホライフが劇的に変わるので本当におすすめです。

③傘ホルダーが以外と便利!

そして以外と便利なのが、サイドにある傘ホルダーです

この傘ホルダーはチャックがついているため、落ちる心配がありません。

ゆりはま
ゆりはま

僕は普通のリュックのペットボトルホルダーに折り畳み傘を入れっぱなしにして何度か落としたことがあるので重宝してます。

また、傘ホルダーの中は防水になっています。

そのため傘を濡れたまま入れてもメインポケットなどにダメージが少ないんですよね。

折り畳み傘を本体だけで持ち歩くことが出来るのでわざわざ折りたたみ傘用のケースを用意する必要がありません。

荷物を少なくしたい人にオススメです。

④良心的な価格設定

上に挙げたような高機能がついていながら価格は1万円を切る、8000円ほどで変えるという価格設定です。

ほぼ同等の機能を持っているBack Paixなどは4万近くするのでそれを考えるととても安いと言わざるを得ないです!

またRuminantはビックカメラなどの家電量販店などでも購入できます。

大半の家電量販店はポイント制度を導入していて、10%のポイント還元を利用して購入できます。

これを利用すればもっとお得にこのリュックを買うことができるので是非試して見てください!

デメリット2選

こんな完璧かのように思えるRuminantにも弱点が2つほどあるので見ていきましょう!

①ちょっとデザインがださい

これはデザイン性よりも機能性に重点を置いたリュックなので仕方がないといえば、仕方がありません。

しかしリュックの背面がなぞに、ツルツルに見える素材を使っているため、一瞬ランドセルに見えます。(笑)

機能性リュックの中でも同価格帯でもう少しかっこいいのはいくつかあります。

上記のメリットよりも見た目のだささが気になる方にはあまりオススメできません…

②あんまり分厚いものは入れられない

ポケットが多いのは良い点なのですが、そのせいで、一つのポケットに入る容量は犠牲にしています。

例えば、寝袋などの少しカサが大きいものを入れようとすると、リュックがパンパンになってチャックが張ります。

また一つ一つの大きさは大きくないので、一度にたくさんのものを入れようとするとパンパンになってしまいます。

なので、二泊三日以上の旅行などに持っていくのは厳しいです。

 

ゆりはま
ゆりはま

なので本当に持ち歩くものが限られている大学生や、比較的デジタルに資料などをまとめられるビジネスマンの方にしか向かないのはデメリットですね。

かなりガジェットライフが捗るリュック

以上今回はRuminantというリュックの良い点悪い点を合わせて紹介してきました!

総評としてはRuminantは悪い点もありますが、ガジェットを効率的に持ち運べるという点で大満足のリュックでした。

ガジェット好きな皆さんや、デジタルミニマリストの大学生や社会人の方にオススメのリュックなので是非試してみてください!

また機会があれば僕のカバンの中身も紹介したいと思いますので、是非楽しみにしていてくださいね!

それではまた〜!

当ブログの人気記事はこちら!

【Numsレビュー】Macの美しさそのままにテンキーを!トラックパッドのテンキー化に成功!
Macのトラックパッドに貼り付けるだけで使えるテンキー「Nums」をレビュー!その使い方からメリット・デメリットまで紹介しちゃいます。 購入に迷ってる人は是非ご覧あれ!

コメント